モロッコの通貨

モロッコの通貨は、MAD(モロッコディルハム)です。同じディルハムという名前でも中東のディルハムとは全く違うものですのでご注意ください。
現在モロッコディルハムは、モロッコ国内でしか両替できないため、事前に準備することは不可能です。日本円は問題なく両替できますので、持っていく通貨は日本円でかまいません。

空港に両替所がありますので、到着したら、とりあえず必要な分を両替しておくと良いでしょう。空港のレートは最近はあまり良くないので、空港での両替は最小限にするのがおすすめです。当社に車のチャーターをご依頼いただいているお客様は、街のできるだけレートが良い両替所へお連れいたしますので、必要時にお申し付けください。
なお、マラケシュやカサブランカ、フェズなどの都市では日本円は問題なく両替できますが、北部のタンジェなどでは、日本円が両替できる場所は非常に限られます。カサブランカに到着して、まっすぐタンジェなどに向かわれる方は、空港で少し多めに両替しておくことをおすすめします。モロッコのどの場所でも両替しやすいのは、やはりユーロとドルですので、日本でユーロかドルに両替して持っていくのも良いでしょう。日本人がほとんど行かないためか、カジノでは日本円は受けてもらえませんので注意してください。

なお、モロッコディルハムの国外への持ち出しは禁止されており、空港で出国時に多額のディルハムを持っていないかチェックされることがあります。
再両替のレートはとても悪いので、できるだけディルハムが余らないように、こまめに必要な分だけを両替することをおすすめします。
もし余った場合の再両替は空港でのみ受け付けています。その際、両替した際のレシートが必要になりますので、無くさずに持っておきましょう。なお、再両替の場合、日本円の用意はありませんので、ドルかユーロへの両替になります。

 

クレジットカード事情

クレジットカードは主に、VISA、Masterが有効です。アメリカン・エクスプレス、JCBは使えるところはほとんどありませんのでご注意ください。ホテル、中級以上のレストランやカフェ、路面店、スパ、スーパーマーケットなどは思ったよりクレジットカードが使える所が多いです。

メディナ(旧市街)にある小さな店では、ほとんどクレジットカードは使えませんので、現金もある程度用意しておくと良いでしょう。なお、これはモロッコのインフラの問題で、通信状態が悪く、カードが通らないこともしばしばありますので、このような時のために、現金を多少用意しておいたほうが無難です。

✮チップについて

モロッコはチップ大国で、欧米諸国と同じようにチップの習慣があります。収入が低い人々の重要な収入源でもありますので、チップはできるだけ渡してあげられるように、5ディルハム、10ディルハムのコインや20ディルハムの少額紙幣をたくさん持っていると便利です。
荷物を運んでもらったりした場合や、ルームクリーニングの女性には10〜20ディルハム程度、レストランで食事をした場合は金額の10%程度が目安です。また、トイレの前に掃除の女性が座っていたりすることがよくありますが、この場合もチップを少し渡してあげるのがマナーですので、小銭はたくさん持っていると便利です。ラクダトレッキングをした場合にもラクダ引きに50MAD程度チップを渡してあげるのをお忘れなく。チップを多少多く渡したとしても、この人は相場がわかってない人だと思われることはなく、「今日はあなたのためにお祈りします」ととても感謝されます。逆に先進国に比べてかなり収入の低いモロッコにおいて、チップをケチることはあまり良いことではありません。海外旅行に来れているだけで、もう十分モロッコの庶民から見れば裕福な人なのです。

チップの習慣がない日本人には、いくらくらい渡すのが妥当なのかがわかりにくく、少々面倒だと思うかもしれませんが、逆に少しチップをはずめば、少々無理なリクエストもすんなり通るというチップのメリットもたくさんあります。モロッコにおいては、チップがかなり有効な場面も多いので、旅を快適にする便利なシステムと思い、うまく使っていきましょう。